Maenosono Masaki (8otto, Muddy Apes) の 宇宙はVibration

どんな事があっても「楽しい」は最強! 元気をでっかくするのが僕の使命です。 ドーンとやってバーンとやってガーンとやります。 マエノソノマサキ ロックバンド 8otto(オットー)Dr.Vo. / Muddy Apes(マディ・エイプス)Vo.

メンバーとの馴れ初め メガネ編(TORA)

どんな事があっても「楽しい」は最強! 

元気をでっかくするのが僕の使命です。

ドーンとやってバーンとやってガーンとやります。

 

こんにちは。

宇宙大好きミュージシャン、

8otto(オットー)のドラムボーカル(天パ)、

マエノソノマサキです。 

 

 

今回は、8ottoメンバー、ベーシスト、

メガネのトラとの馴れ初めを書こうかなと。

そいえば、あんまりメンバーの事をブログで書いていないなと思い。

 

もう20年近く前になるかな。(恐ろしい、、)

 

僕の小、中学校の同級生だった、ギターのリョウくん

が通っていた大学の友達

(ケイジといういいやつ。イケメン)

の幼馴染がトラだった。

 

前進バンド(SUGAR FOR A DIME、シュガーフォーアダイム)で抜けたメンバーの代わりに新しいベーシストを探していた時、その、ケイジに紹介してもらい、心斎橋のSTUDIO Aというところで初めて会う。

 

第1印象は、 外見は、

可愛かった。笑

色が白く、金髪で。

 

 女の子みたいな、ちっちゃい少年やった。

3つ年下。

 

パフィーアミちゃんの大ファンで、本当に好きで、

よく冗談で、

「オレ、アミちゃんと付き合うわ。」

と言って怒らせていたのはいい想い出。

 

そして、ベースうまっ! ルート音とルート音の間に弾く音が色んな引き出しがあり、 綺麗な手からなかなかふとい音が出ていた。

 

こっちがリクエストしたような曲をスラスラと弾いていたのを憶えてる。

 

僕らはわりとパンクっぽいというか、

単調なフレーズや曲を好んで演奏していたので、

トラのテクニックは余裕で合格、というか、トラが入ってバンドの演奏レベルが格段に上がった。

 

僕はもともと、XとHelloweenの影響で、2バス

(ドラマー用語でバスドラムを2つ並べる事。これをチョイスするプレイヤーは速くてテクニカルなフィルインを入れるのを好む人が多い。まあ、今の僕と真逆に位置する感じですね。笑)

プログレメタル的な曲もコピーしたりするほどスピーディーだったり、

テクニカルな事を練習していたはずなのに、

その頃はもうそんなテクニカルな所は微塵も感じさせないほどに、

バーっと、、

走って、走るドラマーだった。笑

 

ニューヨークに行ってプロデューサーに言ってもらって気づいた事なんだけど、 僕の好き勝手な、安定しないリズム、 走ったりもたったり、暴れたりドカドカ行く感じ、 歌う感じと、

トラの、タイトなリズム感やタッチ、ドライブ感のある太い音でその間に入って来てくれる感じは本当に相性がいいんだろう。

 

この感じは、日本中、世界中見回してもなかなか見つからないんじゃないかな、と自分たちでも思う。

好きになった、影響を受けた音楽も、お互いまあ結構たくさんある。

ただの4つ打ちにきこえるようなビートでも、ハウスやニューウェーブっぽさだけでなく、 曲によってパンクや、ハードロック、ファンクを感じたりするのはそういう事なんだろうと思う。

 

 

思い出すに、トラとは何度か大ゲンカをした。

 

僕は、8ottoの曲でいうと

Mr.Davidと VOO DOO バウアー が共存しているような性格。

 

普段はわりと、ボーッとしていて穏やかに見える Mr. David  だけど、

怒ったら  VOO DOO バウアー  になる。

 

めっちゃめっちゃ昔のドラマで、松崎しげる扮する先輩刑事に、

「おとこおんなの、とみこー!」 と呼ばれてキレて人格変わる主人公刑事みたいな。

 

 古っ。笑。

 

まあ、僕はこの人みたいにキレても強くはないが。

 

 

 

 

 

 

まあーっややこしい性格。

 

8otto(オットー)の中では主張が強い、

僕とトラがよく怒ってる、って感じで。

 

いつの日だったか、スタジオでトラとめちゃめちゃ喧嘩した事があり、

襟元捕んで取っ組み合いになったからか、

僕のTシャツがボロボロに破けた。

 

その次会った時に、

 

「マエソンごめんな。あのTシャツ気に入ってたやろ。」

 

と言って新しくTシャツを買ってきてくれた。

MINOR THREATのバントTだった。

 

その時は、

喧嘩の事で(内容は全く覚えていないけど、曲の事かな?多分)、

ガンコだった自分は、

「俺は納得は入ってない」

と思いながらも、

こちらこそごめん、ありがとうと言った事を覚えている。

 

トラには昔からそういう、優しい所がある。

 

 

 一番バンドの事を考えてるから、

機嫌悪くなったり悩んだり、ナーバスになる事もあったけど、

 

だからこそ、何だかんだ言ってバンドメンバーの中では一番優しいのかもしれない。

 

 

f:id:masakimaenosono:20180730141717j:plain

 

f:id:masakimaenosono:20180730141824j:plain

 

 

 

超個性的4人組。笑。

 

天パアフロとスキンヘッドとロン毛の間でベースをひくメガネの男の子は

それはそれは重要なキーパーソンに成長してくれました。

 

バンドの舵取り、

サッカーで言うボランチスペイン語で舵取り!)、

 

それが時として点を取りにいったり、

ピンチの時にはディフェンダー

キーパーの横で足を出して絶体絶命の失点を防いだり。

 

色々不満もあったり、 喧嘩も結構したけど、 今はもう感謝しかないなと思うようになって来た。

 

よくこの身勝手なオレをフォローし続けてきてくれたな、と。笑

 

 

 まだまだ一緒に行きたい場所もあるので、

これで終わりとは思っていないし、

 

まあ末永くこれからもずっと一緒に歩んで行きたいと思う。

またライブに、そんな僕たちを目撃しに来ていただきたい。

 

 

ほな、メガネ編はこのくらいで。

残りのスキンヘッド編とロン毛編は、またおいおい書いて行きますね。

(今は亡きロン毛。ショットカットのイケメン香港スターになっている)

 

 We've gotta Vibration. 

 

 

Maeson

 

 

【追伸】

僕のLINE@では、こっそりLINE@限定の曲動画を配信したり、 トークで、悩みを、 みんなまとめてブッタ斬ってます。

限定曲を聞きたい方はこちらに登録して「限定」と送って下さい。 ↓https://goo.gl/15N43v

マエノソノマサキ LINE@

PC・auの方は @maeson で検索してね。

https://line.me/R/ti/p/%40masakimaenosono

友だち追加